ようこそ♪
映画に関するコメントTBお気軽に〜〜

2005.03.30

恋人たちの食卓


Eat Drink Man Woman
Eat Drink Man Woman

1994/台湾

五つ星ホテルの元シェフで
中華料理の鉄人の父と
3人姉妹の家族の物語

母は幼い頃に亡くなり
食卓にはいつも父の手料理
そして日曜日ともなれば
一日手間暇かけたゴウジャスな晩ご飯
うっうらやましすぎるぅ〜〜
そういうものに食べ慣れた姉妹は
あ〜だこ〜だ言うから
ちょっと微妙に腹が立ったりして、、笑

3人姉妹の恋愛も描かれてるのだが
やっぱり印象的なのは 
おいしそうなごはん!!
よだれがでちゃうぅ〜〜
そして恋愛は娘たちだけの話しではない
父さん やってくれます!!笑

監督/脚本/アン・リー

出演/ロン・ション
ヤン・クイメイ
ワン・ユーウェン
シルヴィア・チャン
ウィンストン・チャオ
ワタシの勝手で賞


Eat Drink Man Woman 0119

2005.03.16

さすらいの2人



in the passenger

1974/イタリア/フランス/スペイン

派手でもなく地味すぎでもなく
淡々と進むストーリーと
だだっぴろい壮観な景色が
印象的なロードムービー

取材のため砂漠地帯へ行った
TVレポーター(ジャック・ニコルソン)は
自分と似た男に出会う
その男が病死したのをきっかけに
彼の逃避行が始まる

途中で出会う女学生(マリア・シュナイダー)
の なんと可愛いこと!! 
多分ガウディ?の曲線の素晴らしい建物や
真っ白い壁に真っ青な空とか
視覚に気持ちよい映像にため息がでる
行ってみた〜〜〜〜い!!

最後のノーカットの7分間
何度もくり返しみた
けど、、いまだ よくわからない。。
でもわからないなりに心に残っている

監督/脚本/
ミケランジェロ・アントニオーニ

出演/ジャック・ニコルソン
マリア・シュナイダー
イアン・ヘンドリー
ジェニー・ラナカー
ワタシの勝手で賞


0118

2005.03.15

危険な天使


guns on the run

1994

コンビニ強盗とかの
軽い犯罪をくり返す若者
だが途中で仲間になったやつが凶暴で
人を殺し警察や麻薬ディーラーから
追われ逃亡する
ちょっとナチュラルボーンキラーズに
似てるストーリーかなぁ〜

今やヒット作にで続けてる
レニー・ゼルウィガーが
大ブレイクする前の作品
ちょっとコメディータッチな
彼女の魅力は底知れない
いやぁ〜増々惚れちゃう。笑
彼女がでてる作品は全部みた〜〜い
と思うのでこれはどう?ってのがあったら
教えてくださ〜〜い!!

監督/脚本/
C・M・トーキントン

出演/ギル・ベローズ
レニー・ゼルウィガー
ロリー・コクレイン
ピーター・フォンダ
ジェフリー・コムズ
ワタシの勝手で賞


guns on the run 0117

2005.03.12

めぐりあう時間たち

2003 75th アカデミー 主演女優賞
2002 60th ゴールデングローブ 作品賞 女優賞 
2003 53th ベルリン国際映画祭 銀熊賞(女優賞)



The Hours

2002

3つの時代の3人の女性が
自分の生について悩み葛藤し
正直に生きようと
それぞれに選んだ道を歩んでゆく

ニコールキッドマンの鼻と
しかめっつらが気になって
何がいいたいのよこの映画。。と
こっちも険しい顔になる。。
そのせいかどうか ものすごい
集中して見た。引き込まれた。

<以下↓ネタバレ?>
女性として なんの疑いもなく
妻になり母になりノーマルに生きる
それだけだって悩みはあるが
これはそれだけではなく
3人の女優が見事に
同性愛者の心の葛藤を表現している

と見終わってから気付いた。。

思い返せばかえすほど
なるほど、、そいうことなのか。。
と ひとりうなずいてしまう。。

時間をおいて
また見たいと思った作品

監督/スティーヴン・ダルドリー
脚本/デヴィッド・ヘア
原作/マイケル・カニンガム
製作/マーク・ハッファム

出演/ニコール・キッドマン
ジュリアン・ムーア
メリル・ストリープ
スティーヴン・ディレイン
ミランダ・リチャードソン
ワタシの勝手で賞


The Hours 0116

2005.03.11

トークトゥハー

2003 75th アカデミー 脚本賞
2002 60th ゴールデングローブ 外国映画賞


talk to her

2002/スペイン

交通事故で昏睡状態に陥ったバレリーナ
その彼女にずっと語り続ける看護士
牛に一撃され昏睡状態に陥った女闘牛士
その植物状態の彼女に絶望しながらも
看護するジャーナリスト
二人の孤独な男の友情を描く

看護士の人間愛であれば素晴らしいのだが
男としての愛情だとしたらゾッとする
その表裏の鍵はこの映画の中の無声映画
いいのか?こんな映像、、
一方ジャーナリストは愛しあっていたと
思っていた女闘牛士の元彼氏から
寄りを戻すはずだったと聞かされる

孤独。。喉の奥が
締め付けられるような深い孤独。。
濃いい。。。ずっしりと後に残る。。

監督/脚本/
ペドロ・アルモドバル

出演/ハヴィエル・カマラ
ダリオ・グランディネッティ
レオノール・ワトリング
ロサリオ・フローレス
ジェラルディン・チャップリン
ワタシの勝手で賞


talk to her 0115



<ペドロ・アルモドバル>関連

ペドロ・アルモドバル
セレクション DVD-BOX

all about my mother

神経衰弱
ぎりぎりの女たち
by nocchi at 10:20 | コメント(0) | TB(0) | ---- academy ----

2005.03.10

ダンサー・イン・ザ・ダーク

2000 53th カンヌ国際映画祭 パルムドール 女優賞


Dancer in the Dark

2000/デンマーク

泣いた泣いた泣きまくった

もうすぐ失明してしまう病
それは息子にも遺伝してしまう為
工場で働き稼いだお金は
息子の手術費用としてためていたのに
今までよくしてくれた人に
盗まれてしまうが…

それでもミュージカルが大好きな彼女は
工場の殺伐とした機械の音もリズムと化し
妄想の中で歌い踊る
静寂の恐怖に耐えぬくために歌う
つらく悲しい現実を歌いとばす彼女
その表情や声に圧倒され
ずっしりとした重圧がのしかかってくる
なんとも胸が苦しくなる生涯。。

あの歌声を聞くとまた泣けてきそう…
私はとても素晴らしい映画と思う

監督/脚本/
ラース・フォン・トリアー
音楽/ビョーク

出演/ビョーク
カトリーヌ・ドヌーヴ
デヴィッド・モース
ピーター・ストーメア
ジャン=マルク・バール
ワタシの勝手で賞

★★★★★

Dancer in the Dark 0114
by nocchi at 10:36 | コメント(0) | TB(0) | ---- Europe ----

2005.03.09

ブルースオールマイティ



Bruce ALMIGHTY

2003

やっぱコメディーはこうでなくちゃ!

仕事や恋愛にうまくいかず
日本的にいえば 神様ほとけさま〜
なんで自分だけこんな目にあうんだ
こんちくしょ〜と嘆く主人公(ジムキャリー)
すると本物の神様(モーガンフリーマン)が
ポケベルで彼を呼び出し
そんなに嘆くなら君がやってみろと…
神様でも人の意志だけはあやつれないとか
人々の願い事の処理をしないと
ずっと耳鳴りがするとか。。

そんな話しがあるもんかっ
と解っていながら見るから面白い
ジムキャリーの喜怒哀楽の表情も
大袈裟で分かりやすくって楽しい
ふと嘆きたい時に
見たら元気になるかも〜!

監督/トム・シャドヤック

出演/ジム・キャリー
モーガン・フリーマン
ジェニファー・アニストン
フィリップ・ベイカー・ホール
ワタシの勝手で賞


Bruce ALMIGHTY 0113

2005.03.06

ゲロッパ!



GET UP

2003

おもしろ〜〜〜い
西田敏行 さいこぉ〜〜〜

池中玄太 はまちゃん に続き
もうとにかくあのキャラがたまらない!
岸部一徳との掛け合いも踊りも
ペットの巨大とかげにおとしまえつける
シーンもタクシーで大泣きするとこも
なにからなにまでおもしろ〜い
最後にはじ〜んと泣ける場面もあり
つぼにはまった!
って感じで笑いっぱなしでした

監督/井筒和幸

出演/西田敏行
常盤貴子
山本太郎
岸部一徳
桐谷健太
ワタシの勝手で賞

★★★★★

0112

なぎさ

2001 51th ベルリン国際映画祭 キンダーフィルムフェストグランプリ


NAGISA

2000

1960年代、舞台は湘南 江の島
12才の少女のひと夏の物語り
原作は少年誌の連載漫画

ファッション 音楽 雰囲気は60年代を
かもしだしているけれど
現場は最近の湘南。。
海の家も実在江の島の灯台が古いのが救い
この辺を知っている人がみたら
きっとほくそえんでしまうだろうなぁ 笑

ひと昔前の少年少女が
やけに清清しく純粋に描かれていて
見終わると なんていっていいか、、
なにかこう懐かしい感じにつつまれる
昔は自分もこうだったのかしら〜って。笑

監督/小沼勝
原作/村上もとか

出演/松田まどか
稲坂亜里沙
吉木誉絵
佐々木和徳
片桐夕子
ワタシの勝手で賞


NAGISA 0111

インザカット


IN THE CUT

2003

ロマンティックコメディーの
メグライアンが好きなのに
ファイティングガールのシリアスさも
よかったけど これは、、
あぁ、、なんでなのぉ〜
そんなあられもない姿をさらけだして
演じるのは素晴らしいと思うけど…
ストーリーもガツンとこない
衝撃的な映像ばかり…

次は絶対コメディーにでてね
とお願いしたくなる。。

監督/ジェーン・カンピオン
脚本/原作/スザンナ・ムーア

出演/メグ・ライアン
マーク・ラファロ
ケヴィン・ベーコン
ジェニファー・ジェイソン・リ−
ワタシの勝手で賞


IN THE CUT 0110
by nocchi at 09:19 | コメント(0) | TB(0) | ---* Meg Ryan *---

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。