ようこそ♪
映画に関するコメントTBお気軽に〜〜

2005.06.25


hana

2002

これまた 柄本明が最高!
ほんと 素敵な役者さんですわ〜
泣いた、泣いた!!

監督/西谷真一
脚本/奥寺佐渡子
原作/金城一紀

出演/大沢たかお
柄本明
牧瀬里穂
西田尚美
加瀬亮
ワタシの勝手で賞


0134

2005.06.24

ホテル ビーナス


THE HOTEL VENUS

2004

不思議さをかもしだすのに
ハングル語なのかな?
何かちょっと違和感を感じるものの
だんだんとひきこまれる
大人のおとぎ話のような、、
もう少し短編だと
おもしろいような気がする…

監督/タカハタ秀太
脚本/麻生哲朗

出演/草なぎ剛
中谷美紀
香川照之
市村正親
パク・ジョンウ
ワタシの勝手で賞


THE HOTEL VENUS 0133

2005.06.17

母の眠り



one true thing

1998

ゼルウィガ− ファンなので
でてるものはすべてみたい!
と思って借りた
彼女の魅力も満載だけど
さすがメリル・ストリ−プ
なんと素晴らしいこと!!
ひとつぶで二度おいしい
って感じでした

監督/カール・フランクリン
脚本/カレン・クロナー
原作/アンナ・クィンドレン

出演/メリル・ストリ−プ
レニー・ゼルウィガー
ウィリアム・ハート
トム・エヴェレット・スコット
ローレン・グレアム
ワタシの勝手で賞

★★★★★

one true thing 0132

2005.06.14

シュレック2



Shrek 2

2004

たのしぃ〜〜
な〜んにも考えずに
童心にもどって
わくわくしながらみました
とにかく ほっとする
何かに疲れた時とか
すっごく癒されるかも!!

監督/アンドリュー・アダムソン
ケリー・アズベリー
コンラッド・ヴァーノン
原作/ウィリアム・スタイグ
製作/ジェフリー・カッツェンバーグ

出演/マイク・マイヤーズ
キャメロン・ディアス
エディ・マーフィ
アントニオ・バンデラス
ジュリー・アンドリュース
ワタシの勝手で賞

★★★★★

Shrek2 0131
by nocchi at 12:42 | コメント(0) | TB(0) | ---- cartoon ----

2005.06.13

オール・アバウト・マイ・マザー

2000 72th アカデミー 外国語映画賞
1999 57th ゴールデングローブ 外国映画賞
1999 52th カンヌ国際映画祭 監督賞





all about my mother
TODO SOBRE MI MADRE

スペイン

事故で息子を亡くした
母親の葛藤を描く

そうまとめて書けば簡単だが
そんな容易いストーリーではない
現代の人間の生きざま?
性差?繁栄?なんだろ〜?
うまく書けないけど
人間の行く末が不透明に思えてくる
生きる という意味
母は子を育てる
じゃ 父は何を?どう生きる?
心の問題?体の問題??

なんかよくわかんない感想だけど
ぜひ みてほしいなぁ〜〜〜
と思った作品

監督/ペドロ・アルモドバル
脚本/ペドロ・アルモドバル
製作/アグスティン・アルモドバル

出演/セシリア・ロス
マリサ・パレデス
ペネロペ・クルス
アントニア・サン・フアン
ロサ・マリア・サルダ
ワタシの勝手で賞


TODO SOBRE MI MADRE 0130
by nocchi at 10:11 | コメント(0) | TB(0) | ---- academy ----

2005.06.07

ふたりにクギづけ




STUCK ON YOU

2003

マット・デイモンと
グレッグ・キニアが
生まれた時から腰の部分で
くっついたままの
結合双生児の兄弟を演じる
ハンディキャップをものともせず
二人の絶妙なコンビで
ハンバーガー屋を営んでいた
だが兄は俳優を目指し
ハリウッドに行く 当然弟も
行かないわけにはいかない
あがり性なのに舞台に
でなくてはならない
そして恋も…

とにもかくにもおもしろい!
大爆笑まちがいないコメディー
そして それだけではない
なんとも暖かい感動が残る

監督/ボビー・ファレリー
ピーター・ファレリー
脚本/ボビー・ファレリー
ピーター・ファレリー
製作/マーク・S・フィッシャー

出演/マット・デイモン
グレッグ・キニア
エヴァ・メンデス
シーモア・カッセル
シェ−ル
メリル・ストリ−プ
ワタシの勝手で賞


STUCK ON YOU 0129

2005.06.03

ガンジー

1983 55thアカデミー 作品 監督 脚本 主演男優賞
1982 40th ゴールデングローブ 外国映画 主演男優 監督 脚本




GANDHI

1982 英/インド

ず〜と前に一度みたことがある
と 印象的な場面で気付いた

暴力に無抵抗で立ち向かう白い服の民衆
故郷の海を見つめながら語るシーン
戦いが終るまで 断食をするガンジー

映像は覚えていたのだが
内容はすっかり忘れていた

インド独立運動の指導者
弁護士だった若年時代
南アフリカの列車で差別を受け
不正な扱いや法律を目の当たりにし
階級、人種、宗教、弱者、様々な差別に対して
非暴力を基盤とした長い険しい戦いを
生涯に渡り身を持って示してゆく
歳月をかけ大英帝国支配から独立
だが 同国の宗教間の争いで再び断食し、、

「戦いはここにある」と己の胸を指す
支配や差別からの独立だけではなく
苦しみや憎しみからの解放
インド人だけでなく
人間に人類に教えを
説いているかのようだ

監督/リチャード・アッテンボロー
脚本/ジョン・ブライリー

出演/ベン・キングズレー
キャンディス・バーゲン
ジョン・ギールグッド
マーティン・シーン
エドワード・フォックス
ワタシの勝手で賞

★★★★★

GANDHI 0128
by nocchi at 13:12 | コメント(0) | TB(0) | ---- academy ----

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。